《中学受験 国語対策コース》

この講座は、中学受験を迎えるにあたり、より実践的に入試問題に対応できる学力を培う内容になります。基礎コースの学習をベースとしてより上のステージを目指し、中学受験国語対策を万全にしてまいります。

国語ほど味方にできる科目はありません

なにしろ「答え」や「答えのヒント」はすべて本文中に書かれているのです。したがって、きちんと文章を読み、正しいプロセスで正しい答えを導き出すことを身に付ければ必ず国語の学力は向上します。

しかしながら、入試対策の国語というのは、学校の授業の延長線上にあるものではなく、極端にいえば、入試に向けての新しい科目を学習するくらいのつもりで準備をする必要があります。

学校での国語では、文章を読んだ後に、「あなたは、この文章を読んでどう思いますか?」という視点で授業を進めていくことも多いのですが、入試における国語の読解問題では、自分の感性を完全に排除して本文を正確に読み解くことが肝要です

そして、入試の読解問題を解答する際には、「本文の何行目のどの部分をもとに答えるのか」ということを明確にする必要があるのです。

ですから、入試国語では、文章を正確に理解することが何よりも大事ですが、中学入試で出題される文章は大学入試と見間違うほどに難しいため、正確に文章を理解するためには、訓練が欠かせません。

 

そこで本講座では、「本文を一読で内容を理解していく演習」をご一緒に進め、「解答するための重要事項がきちんとインプットできる読み方」を身に付けて頂きます。

 

また、入試に出題されるすべての設問パターンに対応できるよう、「正しい解き方」をお伝えします自分の感覚で解くことから、1日も早く抜け出し、正しい解法で合格を目指しましょう。

 

正答率を確実に上げ、得点力を強化するためのツールとして本講座をご活用頂けましたら幸いです。

 

中学受験国語対策コースの主な講義内容

〇入試国語で必要な知識問題の対策

1.語彙 (慣用句・ことわざ・故事成語を含む言葉の知識)

たくさんの語彙を勉強したはずなのに、いざテストになると忘れてしまっているというお子さまは多いものです。

なんとなくノルマを果たすような感じで勉強をしていても記憶に残すのは難しいのです。

また、語彙をドリル学習で記憶に残すのも難しいといえます。

お子さまは、その言葉の意味を理解し、納得し、実感してはじめて記憶に残せるのです。

本講座では、学習したことを確実に記憶に定着させる「仕組み」をつくり、入試本番までに必要な知識を身に付けて頂きます。

語彙(慣用句・ことわざ・故事成語を含む言葉の知識)につきましては、私が毎回覚えて欲しいものを提示し、無理なくコツコツと学習を進めて頂きます。

私が長きに渡り、多数の学校の入試問題を研究した結果、入試に出題される頻度の高いものを課題とさせて頂きます。

課題は、1日1ワードを使い、親子でストーリーを作成して頂くというものです。(スクールにご入会頂く際に早瀬より詳しくご説明させて頂きます)

早瀬メソッドで確実に語彙力を強化して頂きます。

 

2.文法

入試に出題される文法問題というのは、実はどの学校も設問パターンが決まっています

例えば、「論説文」の設問で本文中の空欄に適切な「接続詞」を選んで解答する、というのは多くの学校が出題しています。

こうした問題を、フィーリングでなんとなく解いてしまっている受験生は多いものです。

また、「副詞の呼応」「助詞」や「助動詞」の言葉の意味や働きに関する設問も多く出題されています。

こうした問題の「解法」をしっかりと身に付けることは得点力につながります。ぜひ本講座で確実に正解できる力を育んで頂ければと願っております。

 

〇高得点を取るための実践的技術「正しい解き方」の習得

1.長文を正確に理解する練習

ご一緒に「文章を正しく要約する方法」で文意を正確に捉える力を培って頂きます。

要約力がついてくると、今まであいまいにしか読めなかった文章も正確に理解できるようになります。

本講座では、『読みテクトレーニング』を使用して入試に出題される 各ジャンルの文章の要約力、論理力の技術を育成します。

 

入試では、制限時間内に解答しなえればなりませんので、いい加減な仮読みではなく、きちんと「どこに何が書かれているのか」を一読で理解する必要があります

文章を読みながら頭の中に要点をインプットする方法を身に付けスムーズに正しく理解できる力を育んで頂きます

2. 設問の「解き方」の技術の習得

本講座では、さまざまな学校の入試問題文を採用して授業を行い「正しい解き方」をお伝え致します。
感覚的、主観的にではなく、「解く際のプロセス」、「読解の際の一貫したルール」を知ることで正答率を確実に上げて頂きます。

 

 

1記号選択式問題

 

 根拠となる本文中の「答えのヒント」を明確にし

 正解の選択肢を決定する分析方法をお伝えし練習致します。

 

2抜き出し式問題

 

 本文をあちこち探しても正解が見つかりません。

 どのように「答えを探す範囲」を限定し、「どう答えを

 検索していくのか」をお伝えし練習致します。

 

 

3記述式問題

 

 早瀬式「アーチ手法」で確実に高得点を取れる

 「書きまとめの技術」を学んで頂きます。

 開成中学校、桜蔭中学校を第一志望とする生徒さんは

 すべてこの手法で合格をして頂きました。

 テストの記述式問題は、非常に配点が高いですので

 この技術でぜひ得点力をアップしてください。

 

 4その他の代表的な「設問」パターン

 *適語選択

  本文中の空欄に適切な言葉を選ぶ

 *語彙の意味

  本文中に書かれている語彙の意味を解答する

 *空欄補充問題

  「論説文」→適切な接続詞を選ぶ

  「物語文」→適切な副詞を選ぶ

 *文章挿入

  一文が提示されており、本文中のどこに戻せばいいのかを

  問われる

 *並べかえ

  文章の順番がアットランダムに並べられており、それを

  きちんと文意が通るように正しく並べかえる

 

    入試では、上記の他にもさまざまな設問がございますが、

    すべての設問パターンに「正しい解き方」というものがあります。

    その都度授業の中で、一つ一つ丁寧に解法をお伝え致します

    

3 ご家庭で日々の訓練によって入試対策を万全にする

  本講座で学んで頂いたことをご活用頂きお子さまの国語力を

  アップするために、その都度目標点に到達できたかどうかを

  チェックして頂くためのメールを毎回の講義終了後に早瀬より

  送信させて頂きます。

 

  そうすることで、本当に実力が身に付いているかどうかを

  判断でき、次のステップに安心して進むことができます。

 

    一貫した「解き方」を身に付ける

        ↓

    練習により、その解法を使いこなせるようにする

        ↓

    目標に到達できたかどうかをチェックする

        ↓

    補習、訓練により、実践できるスキルに磨き上げる

        ↓

    入試(テスト)対策を万全にする

 

早い段階から「読む力」「解く力」「書く力」を身に付けていくことは、中学入試を突破する何よりの近道です。

正しい解法を知り、訓練を行えば、国語の学力は向上し、必ず味方の教科にすることができます。

他塾では得られない解法をぜひ本講座で学んで頂き、ご一緒にお子さまの

国語の得点力を高めていきましょう。

入試というハードルを越えるための手段として最強の講座になるよう力を尽くす所存でございます。

  早瀬律子

 

中学受験国語対策コース

2019年   春期スケジュール

毎週木曜日 AM11:00~PM1:00 (毎月4回)

3月     7日 ・ 14日 ・ 21日 ・ 28日

4月  4日 ・ 11日 ・ 18日 ・ 25日

5月  9日 ・ 16日 ・ 23日 ・ 30日

6月  6日 ・ 13日 ・ 20日 ・ 27日

*途中からでもご参加頂けるプログラムになっております。